ボトックス副作用のリスクはクリニック選びで回避できる!

ウーマン

部位ごとに出方が異なる

注射

部位や体質によって異なる

ボツリヌス菌が作り出すたんぱく質を使って作られ、筋肉の動きを和らげる働きがあるといわれるのがボトックスですが、ボトックス副作用はあります。とはいえ、ボツリヌス菌を注射したことによって発生する食中毒症状はまったくありえないので、安心して治療を受けてください。というのも、ボツリヌス菌が作り出すたんぱく質を使って作られている薬がボトックスで、製造過程でボツリヌス菌の毒素をすべて排除されているからです。このため、ボトックス副作用としては食中毒はまったく起こりえないことと理解し、安心して治療を受けられます。ボトックス副作用として起こるのは、部位ごとに感じる違和感が一番多く、まれに内出血することも少なくありません。体質によって注射によって内出血しやすい体質の人は、症例数が多く経験豊富な医師でも内出血してしまうことがあります。効果が実感できない人の場合には、まれにボツリヌス菌に対して抗体を持つ人がいる為、体質によって効果を実感できない場合もあるでしょう。ただし、医療機関によって効果がまちまちと感じる場合には、抗体を持つわけではなく、他の原因があると考えられます。一番多く感じられる違和感に感じては、体内に普段成分として入っていないものが入ってくる以上、体内で違和感を感じることは当然の事です。そのため、治療を受けてから数日は違和感を感じることが多いといわれており、感じなくなるまで時間が必要な場合もあります。また、治療した部位によってはボトックス副作用の出方が異なりますが、主に筋肉が動かしづらくなることや、今までと違う場合が多いです。最初は動かしづらいと考える人も多いですが、慣れていくと動くようになるといわれているため、医療機関でアフターケアを受けましょう。脇の多汗症対策で治療を受ける人も少なくありませんが、多汗症の治療として受けた場合にもボトックス副作用を感じる人がいます。受けた部位ではなく、他の部位で今までにないような汗がでてしまったというもので、医療機関に相談してケアを受けることが重要です。また、ふくらはぎを細くする為に治療を受ける人も少なくありませんが、治療を受けた人のごく一部で筋肉痛を感じる人もいます。慣れるまで少し時間がかかるため、どうしても違和感や痛みが取れない場合には、医療機関でアフターケアを受けましょう。保険診療による治療であれば重篤な副作用があると懸念されていますが、日本では美容目的で使う場合は、アレルギーでない限りそれほど重症になりにくいといわれています。