ボトックス副作用のリスクはクリニック選びで回避できる!

ウーマン

副作用に注意しよう

ウーマン

注射は安全性が高い

ボトックスは副作用もありますが、ボトックス注射しわ改善、小顔効果があることでとても人気が高いです。施術する人が多いようで、ボツリヌス菌といった菌からとれるたんぱく質、それがボトックスです。それを顔に注射することで筋肉の働きを弱める効果あるようです。そしてどういった効果なのかといえば、禁句収縮しできた顔のしわが筋肉のリラックスで軽減されます。主に頬、目じりなどに使われる施術法と言えるでしょう。筋肉がこわばってしまっている顔のえら部分をほぐし、えらを目立ちにくくしたりする効果も期待できます。人体に無害なたんぱく質であり、手術必要がなく安心して利用できるのが魅力の一つです。そして効果に関してですが、すぐに出るわけではありません。施術後2〜3日経過して徐々に実感できるのが一般的です。ボトックス注射は筋肉をほぐしてしわ軽減など期待できますが、ほかにもメリットがあります。副作用が心配でしょうが、ボトックス注射受けて実感できるのは肌への美容効果です。これを打っていれば肌に針が出てリフトアップ効果期待できたり、毛穴収縮させたりなどの美肌効果を実感するでしょう。ボトックスで食中毒を心配する人もいます。美容治療で使う量は食中毒を起こすときよりはるかに少ない量であり、副作用はないです。ボトックス注射の副作用として局所顔面神経麻痺があります。そしてよく見られるものには注射部位における痛み、注射跡、皮下出血で短期間筋肉の働きが弱くなることあるでしょう。注射後1〜2週間ほど瞼など一時的に垂れさがったりします。局所炎症はボトックス注射の副作用で極めてまれです。また妊娠中のボトックス注射副作用の研究は十分にされてないので妊娠中や授乳値はすすめられません。そしてボトックス副作用は気になりますが、ボトックスはとても安全な医薬品であり、治療受けるにあたってまず健康であることが大事です。妊娠中や授乳に関して薬の安全性確認されてなくて使用はできません。子供を作る計画があって避妊をしてない女性はボトックス治療しないようにしましょう。ボトックスに使われているのはボツリヌス菌であり、これは猛毒でとても危険です。ですが、医療用に使われているボトックスは安全です。ボツリヌス菌による食中毒を起こすにはボトックス30000単位以上必要とされます。1回の治療に使用される量は5〜100単位以内なので、治療によって中毒を起こすことはまずありません。治療にあたってアレルギーテストもされてなく、アレルギーとしては極めてまれでアナフィラキシーみたいな症状が出たという報告もあります。治療するとき併用すると副作用を高めてしまう薬があって、ボトックスと相互作用して症状悪化するケースもあります。注入量によりボトックスを打つことで引き締まりない顔になったり、強張ったりすることがありますから、経験豊富な技術力高いクリニックを利用しましょう。